【簡単】ふるさと納税の仕組みとやり方【おすすめサイト紹介】


ふるさと納税を始めたいけど、なかなか始められない。



ふるさと納税を始めてみたいけど、「仕組みがよくわからない」「ふるさと納税サイトや返礼品がたくさんあって迷ってしまう」という方に、ふるさと納税の仕組みと実際に私が使ってみてよかったおすすめサイトをご紹介します。


実質2000円でお得な返礼品がもらえるというのは聞いたことがあるけど、なんだか面倒くさいと思ってまだ始めていない方、結構いると思います。


私も同じでした。

仕組みはなんとなくわかってきたけど、どのサイトでふるさと納税を始める?何を返礼品としてもらう?……と分からない状態が続くと「やらなくてもいいかな」と思うようになってしまいますよね。


この記事では、なるべく分かりやすくふるさと納税の仕組みと手順を説明し、実際に私が利用してみてよかったふるさと納税のサイトについて特徴や違いをまとめています。


一緒にふるさと納税を始めましょう!


ふるさと納税の仕組み「実質2000円とは?」


ふるさと納税は、自分のふるさとや応援したい地域に、お金を寄付してそのお礼として返礼品がもらえる制度です。


その際、「実質2000円で返礼品でもらえるから、ふるさと納税はお得!」と言われることが多いですが、この「実質2000円ってどういうこと?」と気になりますよね。


ふるさと納税は、収入などに応じて決定する「控除上限額」(※)があるのですが、この「控除上限額」内で寄付をすると、返礼品がもらえるだけでなく、寄付をした金額(総額)から2000円を引いた分について税金控除が受けられます。

たとえば、控除上限金額が2万円で、2万円分をふるさと納税で寄付をした場合は、2万円から2000円を引いた1万8000円の税金が控除され、結果として「実質負担2000円で返礼品がもらえる!」ということになります。

※控除上限額については、ふるさと納税サイトにあるシミュレーションツールを使えば簡単に計算してくれますので、ここは難しく考えなくてOKです!

まず、ふるさの納税をやる上で「控除上限額」を知ることからスタートすると覚えておきましょう。


つまり、先払いして税金を納めるイメージかな?


そうだね。たとえば、会社員の場合、お給料から住民税が天引きされるけど、この住民税から前年に納めたふるさと納税の控除が受けられるので、見た目上「手取りが増えた」という風になります。でも、ここはひとつ注意!


決して、ふるさと納税をすることで税金自体が安くなるというわけではないのと、一見手取りが増えたからといっても、ふるさと納税で寄付した金額が住民税に戻されているということを忘れないようにしましょう。

ふるさと納税のやり方・手順


ふるさと納税の仕組みが理解できたところで、ふるさと納税のやり方・手順について解説していきます。

STEP1
控除上限額を知る

STEP2
ワンストップ特例制度について理解する

STEP3
ふるさと納税サイトを決める

STEP4
ふるさと納税サイト経由で自治体に寄付

STEP5
控除の手続きをする(ワンストップ特例制度or確定申告)


一気に全てをやらなくてもいいので、理解しながら一つずつ順番に進めいきましょう。


【STEP1】控除上限額を知る


まず、ふるさと納税を始めるにあたって、自分の「控除上限額」を把握しておくことが大事です。

控除上限を超えても寄付をすることは可能なのですが、先にも説明したとおり、合計寄付金額から2000円を差し引いた金額について、所得税の還付だったり住民税の控除を受けたりできます。


控除上限額内での寄付であれば、「実質負担額が2000円」で済むので、この「控除上限額」については最初に確認しておきましょう。


控除上限額は、ふるさと納税の各サイトにシミュレーションページがあるので、お手元に源泉徴収票や確定申告書の控えを用意して、使いやすそうなサイトで計算してみてくださいね。


ふるさと納税おすすめサイト

楽天ふるさと納税(簡単シミュレーション)

ふるなび(控除シミュレーションと計算方法)

ふるさとチョイス(控除上限額シミュレーション)


この段階では、ふるさと納税サイトの登録などは必要がないので、サイトの比較しつつ複数サイトで計算してみてもいいかもしれません。


【STEP2】ワンストップ特例制度について理解する


ふるさと納税で寄付をした際には、自動的に控除が受けられるわけではないので、「確定申告」もしくは「ワンストップ特例制度」で控除の手続きが必要です。


その際、ワンストップ特例制度を利用すると、ふるさと納税をしたあとの確定申告が不要で寄付金控除を受けることができるので手続き的には楽なのですが、この制度を利用する際には条件があるので、必ず事前に確認しておいてくださいね。

主な条件は、以下の3つです。

✔ふるさと納税以外で確定申告をする必要がないこと

たとえば、医療費控除や自営業等で元々確定申告が必要な人は、確定申告でふるさと納税の寄付金控除の申請が必要です。


✔寄附金先の自治体が5つ以内であること


✔ワンストップ特例制度の申請書を期限までに自治体へ送付すること

ふるさと納税を行った年の翌年1月上旬が締め切りのため、12月にふるさと納税をした場合は、締め切りがタイトなので注意しましょう。



以上の条件を満たすことができる人は、ぜひワンストップ特例制度を利用してみてください。

【STEP3】ふるさと納税サイトを決める


ふるさと納税の寄付スタートまで、あともう少しです!

この【STEP3】では、どのふるさと納税サイトを利用したらよいか、私が実際に利用してみたサイトの特徴を簡単にご紹介します。

① 楽天ふるさと納税
② ふるなび
③ ふるぽ(JTB×ふるさとチョイス)


《おすすめサイト1》楽天ふるさと納税

✔ネットショッピングの延長で寄付ができる

楽天ふるさと納税は、楽天市場でお買い物する延長で寄付ができるのが特徴です。特に楽天会員の方は、手軽に始めやすく、初心者におすすめなのが楽天ふるさと納税です。

✔楽天ポイントが使える・貯まる

楽天ポイントを寄付金の支払いで使うことができ、寄付金額100円につき通常のお買い物と同じく1ポイントが還元されることも、楽天ふるさと納税が人気の一つです。

楽天ポイントの使い道がない!という方は、ぜひふるさと納税に使ってみましょう。


しかも!楽天カードを利用して「0か5」の付く日に利用するとさらに+2%、楽天サービスを活用するとポイントが増える「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」の利用で最大ポイント16倍、買い回りでポイントがアップする「お買い物マラソン」「楽天スーパーセール」でさらにポイントアップを狙えます。

楽天の買い回りでポイントアップするキャンペーンは、基本、毎月実施しています。1000円(税込み)以上の商品購入が対象となり、買い回りの店舗数に合わせてポイントアップするので、ふるさと納税も1自治体1ショップとしてカウント可能!



《おすすめサイト2》ふるなび

✔電化製品が充実している

TVCMなどでも有名な「ふるなび」は、他のサイトと比較して、電化製品の返礼品が多く、豪華な印象です。

私自身、欲しかった家電製品をふるなび経由でゲットすることができ、大変満足しています。
特に、新潟県燕市の電化製品はランキングに常に上位に入るほど人気で、全自動コーヒーメーカーやノンフライオーブンなど便利な家電が勢ぞろいなので、要チェックです。

✔Amazonギフト券コードがもらえる

ふるなびでは、「寄付」や「レビュー投稿」など、条件を満たすとAmazonギフトコードがもらえるキャンペーンを実施しているので、 楽天よりもAmazon派という方には、ふるなびがおすすめです。

寄付でAmazonギフト券コードをもらう

ふるなび会員としてふるなび関連サイトにログインし、そこからふるさと納税を行うと、寄付金額に対して1%のAmazonギフト券コードがもらうことができます。
※クレジットカード(Yahoo!公金支払いを含む)での決済での寄付が必要です。

レビュー投稿でAmazonギフト券コードをもらう

レビュー数が5件未満の返礼品に対してレビュー投稿をすると、Amazonギフト券コード50円分(最大200円)がプレゼントされます。

※いずれのキャンペーンの終了は現時点では未定です。


\ふるなびで家電GET/


《おすすめサイト3》ふるぽ(JTB×ふるさとチョイス)

✔旅行ジャンルの返礼品が豊富

ふるぽは、JTBが運営しているサイトなので、旅行系ジャンルの返礼品が豊富です。たとえば、旅行好きには嬉しい「旅行クーポン」も返礼品になっていて、他のサイトと比較しても対象地域が多いです。

✔ポイント制だから「あとから」返礼品と交換できる

ふるぽの寄付方法は、慣れるまでやや複雑なのですが、「ポイント制」となっています。この「ポイント制ってなに?」と思われるのですが、寄付をするとポイントが発行されるので、今すぐ返礼品と交換すること以外に、「あとから」好きなタイミングで返礼品と交換できるんです!


実はこれ、すごいメリットだと感じていて、年内に上限控除額まで使い切りたいけど何を返礼品としてもらうか決まっていないという時など便利です。


しかも、ポイントの有効期限が1年とか2年とか長いので、ポイントを積み立てておいて高額な返礼品と交換するということもできます。さらに嬉しいのが、ポイントを積み立てるごとに期限が延長されること。

✔決済方法のバリエーションが豊富

ふるぽは、JTBの運営サイトなのですが、ふるさとチョイスの提携サイトということもあり、寄付やポイントを返礼品と交換する際は「ふるさとチョイス」のサイトで手続きします。

一見ややこしいというか手続きが2度あるので「面倒くさい」と感じますが、ふるさとチョイスは決済方法のバリエーション高いので、個人的にはメリットだと思っています。


たとえば、クレジットカードのほか、楽天pay、Amazon pay、メルペイ、d払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、paypalなど、支払い方法が多数あります。

JTBとふるさとチョイスそれぞれのメリットを活かした、ふるさと納税サイトです!




【STEP4】 ふるさと納税サイト経由で自治体に寄付


【STEP3】にて、ふるさと納税サイトについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。


私自身、なかなかふるさと納税をスタートできなかった理由の一つに「どのふるさの納税のサイトがいいのか分からない」ということがあったので、ぜひ参考にしつつ気になったサイトで寄付を進めみてください。

楽天ふるさと納税 
→ 楽天市場で普段からお買い物している人向け

ふるなび    

→ 家電製品をふるさと納税が欲しい人、
  Amazonで普段お買いものする人向け

ふるぽ    

→ 旅行好き、返礼品はあとで交換したい人向け


必ずしも一つのサイトに集中して寄付することがメリットとは限らないので、必要に応じて用途で使い分けてみるのもおすすめです。

【STEP5】 控除の手続きをする(ワンストップ特例制度or確定申告)


無事に寄付が完了したら、税金の控除を受けるための手続きが必要です。

確定申告もしくはワンストップ特例制度を利用して、それぞれ期限内に必ず手続きしましょう。


確定申告は、源泉徴収票・寄付した自治体が発行する「寄附金受領証明書」・還付金の受け取りをする口座の通帳・個人番号(マイナンバー)確認書類&本人確認書類・印鑑をもって、手続きが必要です。

ワンストップ特例制度は、寄付した自治体から届く「申請用紙」と個人番号(マイナンバー)が確認できる書類を、自治体へ送付する必要があります。年末にふるさと納税をやった場合、翌年1月上旬が送付期限なので、なるべく早めにふるさと納税をすることをおすすめします。


【まとめ】ふるさと納税の仕組みとやり方【おすすめサイト紹介】


いかがでしたでしょうか。

ふるさと納税の仕組みとやり方、おすすめサイトについて少しでも参考になれば嬉しいです。


「返礼品は何を選んだらいいの?」考えている一人暮らの方向けに、私がもらってよかった商品も別記事にまとめてみました。

おすすめ関連記事


一人暮らしの方以外でも気になる方は、よかった参考にしてみてくださいね♪

Follow me!